C.P. Company by adidas Originals

永久的に燃え盛るカジュアル・カルチャーを祝福

永久的に燃え盛るカジュアル・カルチャーを祝福
永久的に燃え盛るカジュアル・カルチャーを祝福するべく、C.P. Companyadidas Originalsとのパートナー提携を実現。長年の間、ファッションを愛するサッカーファンたちはフィールド外で本能的にこれら2つのブランドのアイテムを組み合わせて身に着けてきました。そして今、両ブランドが共同でコレクション制作に取り組んでおり、これはC.P. Company史上初のコラボレーションとなります。品質とイノベーションへの情熱を分かち合うadidasとC.P. Companyが、それぞれのアイコンのラインナップを共に新しい形で生み出そうと励んでいます。定められた運命が実現した時の、安心感ともいえる感覚。2018年秋冬シーズンに向けて展開されるadidas Originals by C.P. Companyでは、同じ価値観や特有のストーリーを共有するメンズウェアの2大ブランドが、共にその力を発揮します。何世代にもわたり、サッカーファンたちはフィールド外でadidasのトレーナーとC.P. Companyのアイテムを一緒に身に着けてきました。両ブランドに対して等しくロイヤリティを示していたのだとも言えるでしょう。そして今、ようやくこの2大ファッションブランドが歴史的な関係を築き上げる時がやってきたのです。何十年にもわたり愛されてきたカジュアル・カルチャーが、更なる期待をかき立てることが予想されます。これは、民族的要素が感じられるリズムや、サッカーファンの忠誠心の中に敬愛の意を見出した才能豊かなドイツ人デザイナーとイタリア人デザイナーのストーリーです。

C.P. Companyは1971年、マッシモ・オスティ氏により彼の愛する故郷ボローニャで創立されました。イタリアのスポーツウェアにおける、いわゆる「ゴッドファーザー」として広く認識されているオスティ氏は、故郷からも近いミランが誇る、急速なペースで変化を遂げるトレンドやハイファッションのシーンを意識しながら自身のアイテムにも磨きをかけてきました。まだインターネットが存在していなかった時代において、彼の創造的なデザインが海外――特にイギリスのサッカーのカジュアル・カルチャー――にもたらすインパクトは視野に入れられていなかったでしょう。それから何十年も経ちサッカーの世界も変化しましたが、今でもカジュアル・カルチャーにおいてC.P. Companyとadidasは重宝される存在であり続けています。

このような「ロイヤリティ」は、偶然的なものではありません。マッシモ・オスティ氏がブランド創立時に掲げていたイノベーションへの信念とコミットメントはC.P. Companyの中で生き続け、今では息子のロレンツォ、そしてアレッサンドロ・プンジェッティ氏とポール・ハーヴィー氏率いるブランドのデザインチームに受け継がれています。


「やるべきことは2つあると、私は考えています」と語るハーヴィー氏。「まず1つ目に、革新的であること。これは絶対に守らなければなりません。そして2つ目に、何をするにしても、できる限り完璧に物事を行うということです。これら2つのことを守ってこそ、信頼性を高めることができるのだと思います。」
このように未来を見据えた革新へのコミットメントが表れているのが、adidas Explorer ジャケットに使用されている先駆的な素材です。C.P. CompanyのシグナチャーであるNyFoil ファブリックが使用されており、個性あふれるメタリックな質感に加え、高度な体温調節機能を備えています。

両ブランドとも今回のコラボレーションには全精力を注いでおり、これ以上手の加えようがないと思われていたアイテムの数々に変革を起こすにあたり、互いの比類ない専門性に大きな信頼を寄せています。伝説的アイテムであるBeckenbauer トラックトップはイタリアにあるC.P. Companyの染色工場で加工が行われ、クラシックなSamba スニーカーは新作のKamandaシルエットに変化し、C.P. Companyの定番であるGoggle Jacketsはadidas Explorerへと生まれ変わりました。

強力なアイデンティティを誇る2つのブランドが、それぞれの起源を捨て去ることなく、名作アイテムを大胆に進化させることで生まれたコレクションだといえるでしょう。「新のアイコンともいえるアイテムに両ブランドが同時に手を加えるというのは、非常に素晴らしくやりがいのある経験となりました」とハーヴィー氏は語ります。

「また、これも驚くべきことですが、両ブランドがすぐにお互いを『理解し合えない』という状況は何一つありませんでした。これほど互いを理解した上で共に取り組めるのは、本当に特別なことだと感じています。」adidasのトレフォイルがあしらわれたC.P. Companyのウォッチビューアーや、時を超えて愛されるSambaのスリーストライプスにCompanyの文字が綴られたデザインなど、コラボ作品のディテールを一目見ただけでも非常に大きな信頼に基づき完成したアイテムであることが見て取れるでしょう。こうして完成したのが、全てのクラシックなカジュアルウェアにおける厳しい基準をクリアするウェアやシューズが集結したコレクションです。
また、ロレンツォ氏は次のように語ります。

「人々が内に秘めている感情を、外に向けて表現することを可能にするアイテムですね。これはマーケティング目的で行っているコラボレーションではなく、ファンの皆様のロイヤリティに捧げるオマージュなのです。これ以上オーセンティックなものはできないでしょう。両ブランドに対する人々の敬愛は、以前から存在していたものですから。私たちはただ、それをオフィシャルなものとして実現しただけです。」
「C.P. Company by adadas Originals」コレクションは、cpcompany.com、およびC.P. Companyとadidas Originalsがセレクトしたショップにて8月24日より販売が開始します。